【工業簿記】製造間接費

スポンサーリンク


製造間接費

製造間接費=間接材料費+間接労務費+間接経費

製造間接費は各製品に共通して必要な費用である。そのため、原価を計算するために、製造間接費は、各製品に振り分けられる。これを配賦という。

間接材料費、間接労務費、間接経費の仕訳が以下の通りある。

間接材料費

借方

貸方

製造間接費

1,000

材料

1,000

間接労務費

借方

貸方

製造間接費

1,500

賃金

1,500

間接経費

借方

貸方

製造間接費

500

水道光熱費

500

製造間接費を仕掛品に配賦したときは以下のように仕訳を書く。

借方

貸方
仕掛品

2,000

製造間接費

2,000

予定配賦率

製造間接費を仕掛品に配賦するときには、予定配賦率を用いることによって製造間接費の変動を防ぐことができる。

実際配賦額=実際配賦率×実際配賦基準

予定配賦額=予定配賦率×実際配賦基準

予定配賦率=製造間接費予算額÷基準操業度

製造間接費配賦差異=予定配賦額-実際発生額

(例)当月の操業時間200時間。年間の製造間接費予算額6,600,000円、基準操業度は3,300時間である。月末の計算によると製造間接費の実際発生額は、間接材料費1,000円、間接労務費600円、間接経費500円であった。

予定配賦率=6,600,000÷3,300=@2,000

予定配賦額=@2,000×200=400,000

借方 貸方
仕掛品 400,000 製造間接費 400,000

製造間接費配賦差異=@2,000-@2,100(1,000+600+500)=△100(不利差異)

借方 貸方
製造間接費配賦差異 100 製造間接費 100

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする