裁判外紛争処理ーADR(Alternative Dispute Resolution)

裁判外紛争処理(ADR)とは

民事訴訟制度は、民事上の紛争を解決するための法であるが、その方法は裁判によるものばかりでなく、裁判以外の解決方法も用意している。そのような紛争解決方法を、裁判外紛争解決(ADR)と呼ぶ。

スポンサーリンク


交渉

民法695条による和解

和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。

民事訴訟法275条の訴え提起前の和解

民事上の争いについては、当事者は、請求の趣旨及び原因並びに争いの実情を表示して、相手方の普通裁判籍の所在地を管轄する簡易裁判所に和解の申立てをすることができる。

調停

調停は、第三者が仲介、助力することにより、当事者間の合意を得る解決方法である。自主的な解決として和解を成立させるかは、当事者の合意による。

司法型

  • 一般民事事件を対象とする民事調停
  • 家事事件を対象とする家事調停
  • 労働審判における調停

行政型

  • 建築紛争に関する建設工事紛争審査会における調停
  • 公害紛争に関する公害等調整委員会および都道府県公害審査会等における調停

民間型

  • 弁護士会が運営する紛争解決センターにおける調停
  • 司法書士会や社会保険労務士会などその他の士業が運営する調停
  • PLセンターが運営する調停

仲裁

仲裁とは、当事者が紛争解決を第三者である仲裁人に委ね、仲裁人の裁定に服することを合意することである。

アドホック(ad hoc)仲裁

アドホック(ad hoc)仲裁とは、個々の紛争ごとに当事者の合意を得て仲裁を行うことである。

機関仲裁

機関仲裁とは、常設の専門仲裁機関に仲裁を依頼して行われる仲裁である。

まとめ

民事訴訟と比較した場合の裁判外紛争処理の特長は、利用者にとっては費用が少なくすむ、非公開のためプライバシーや社内技術などが外部に漏れるリスクを回避することができ、訴訟と比べて時間がかからない、手続きが裁判の様に難しくない、当事者の都合に合わせて日時を決める事が出来るなど当事者の意向に応じて柔軟に対応することが可能という点である。また実施機関が裁判所に限定されず他の機関で紛争解決を行うことにより、裁判所にとっても持ち込まれる紛争が減り、紛争処理に関する負担の軽減につながる。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする