労使協定と労働協約の違い

労使協定と労働協約の違い
労使協定 労働協約
当事者 当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときは、その労働組合、それがないときは労働者の過半数を代表する者との間で結ばれる 労働組合と使用者又はその団体との間で結ばれる
適用範囲 当該事業場 締結した労働組合に加入している組合員全員(※一般的拘束力の例外あり)
効力 法定義務の免除や免罰の効果がある。但し、規範的効力を有しないため、労働契約上の権利義務は発生しない 規範的効力有り、労働組合員に使用者に対する権利義務が発生する

※一般的拘束力

労働組合法17条

一の工場事業場に常時使用される同種の労働者の四分の三以上の数の労働者が一の労働協約の適用を受けるに至つたときは、当該工場事業場に使用される他の同種の労働者に関しても、当該労働協約が適用されるものとする。

上記の規定は、労働条件の統一化、均等化を目的とし、事業所の単位、地域単位、事業種単位で労働協約の適用範囲を拡張する。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク